レンタルパーティ名:セキチク風

LV 種族    技1     技2     技3     技4     アイテム  
55フシギバナはっぱカッタ−やどりぎのタネねむりごな こうごうせい おうじゃのしるし
50ムウマ くろいまなざしほろびのうた どろぼう みちづれ きのみジュ−ス
50スイクン なみのり れいとうビ−ムねごと ねむる ひかりのこな
50カビゴン のしかかり じしん のろい じばく たべのこし
50ナッシ− サイコキネシスやどりぎのタネねむりごな だいばくはつ おうごんのみ
55ゲンガ− シャド−ボ−ル10まんボルトれいとうパンチばくれつパンチきせきのみ
コメント第二世代は眠る&寝言の長期戦ばかりなんでしょう…?いえいえ、そんなことも御座いません。
短期戦の象徴とも言うべき自爆、大爆発も強く、他世代を圧倒する相打ち性能を備えています。
前作の第一世代より自爆が威力130→200、大爆発が威力170→250にアップしているだけでなく、
第五世代以降と異なり、攻撃時に攻撃対象の物理防御力を半分にしてダメージを計算します。
#威力2倍と考えても構わないが、混乱で自滅した場合もこの処理が適応されるので注意。
また、相打ちを阻止されやすい湿り気特性、防弾特性、気合の襷が存在しないことに加えて、
ノーマル抵抗のあるゴーストと鋼ポケモンの種類が少ないため、非常に使いやすい環境にある。


フシギバナ
レベル55の地震を覚えたカビゴンと唯一対面でまともに戦える毒ポケモン。
レベル55でレベル55のカビゴンの捨て身タックルを超高確率で2発耐えられるようになり、
眠り粉と相手のHPの1/8の体力を吸収する宿木の種を使って相手を眠るで防戦一方に追い込み、
最大PP40の葉っぱカッターで25%の急所や王者の印の11.7%の怯みを引き当てて対面を制したい。
自分より素早さの遅いエアームドやレベル52のヘラクロスまでも十分に勝てる見込みがある。

ムウマ
フシギバナでは厳しくなる寝言カビゴンを完封する駒。転がるミルタンク対策も任せられる。
ゲンガーで一見十分そうだが、ダブルゴーストの構造を取ることで追い討ち込みに強くなる。
吠える持ちのヘルガーは辛いが、高レベルゲンガーであればヘルガーの受け出しは許さない。
眠るは黒い眼差しの持たせていない追い討ちブラッキーなら一方的に滅ぼすこともできる。
特に気にしなければ、ケンタロスの受け出しの抑止力となる電磁砲などに変更しても良い。

スイクン
バンギラスや寝言日本晴れ大文字ファイヤーなどの炎ポケモンや催眠対策をする駒。
短期戦仕様ではないが、冷凍ビームにより相手の眠り粉ナッシーの抑止力としても働く。

ナッシー
相手のゲンガーに地味に睨みを利かせつつ敵の枚数を削る。ダブルゴーストならぬダブル草。
フシギバナとは異なり、後攻で眠らせる局面も多く、ゲンガーの起点作りとして相性が良い。

カビゴン
セキチクジムコンセプトを組むと意外と盲点となりやすいゲンガー対策を担当する駒。
毒が無効にされる鋼属性より、半減されるゴースト属性の方が遥かに厄介という不思議。
対エアームドはフシギバナでも対面から殴り勝てるので大文字は特に採用の必要がない。
甘えるを覚えたブラッキーにもフシギバナが強いため、腹太鼓ではなく鈍いを採用している。

ゲンガー
拳漲るフルアタックなゲンガー。フシギバナでは厳しくなる寝言カビゴンを起点にする駒。
爆裂パンチと10万ボルトの追加効果の混乱と麻痺に期待し、カビゴンに回復させずに倒すか、
若しくは相手のカビゴンが眠るから目覚めるターンにシャドーボールを空振りさせつつ、
試行回数最大24の冷凍パンチで凍りを引き当てて、回復を阻止して倒すの2種類がある。
ただし、鈍いを積まれて早々に相手のカビゴンに悪足掻きモードに突入されてしまうと、
タイプ相性を無視し、PBSでは更にタイプ一致の1.5倍付きの悪足掻きで殴り負けてしまう。