レンタルパーティ名:LUCKY STRIKE

LV 種族    技1     技2     技3     技4     アイテム  
5ラッキ− のしかかり ばくれつパンチねごと ねむる ラッキ−パンチ
5ストライクすてみタックルめざめるパワ−ひかりのかべ つるぎのまい おうごんのみ
5カラカラ ホネブ−メランめざめるパワ−こごえるかぜ つるぎのまい ふといホネ
5エレキッドかみなり クロスチョップれいとうパンチめざめるパワ−きのみ
5ポリゴン 10まんボルトこごえるかぜ どろぼう はかいこうせん   −   
5チョンチ−ハイドロポンプかみなり なみのり でんじは きのみジュ−ス
コメント
「ポケモンスタジアム金銀」に収録されている《リトルカップ》の人気ポケモンを集めてみました。

ニンテンドウカップ2000》とのちがい
 ・参加できるポケモンのレベルは5のみ。
 ・(金銀クリスタルで)進化後が存在するポケモンのタマゴから生まれたポケモンのみ参加できる。
 ・「ソニックブーム」「りゅうのいかり」は使用できない。

ラッキー
第二世代には進化前の『ピンプク』は存在しないので参加できます。
リトルカップ》におけるカビゴンのような存在と言えるかもしれません。
低レベルのうちは種族値によってステータス実数値の差が大きく開かないので、
タイプ一致の物理攻撃技を採用しても十分活躍してくれることでしょう。
専用装備品の「ラッキーパンチ」で25%の確率で技が急所にあたります
「ピントレンズ」装備より急所ランクは高く、「どろぼう」されても相手にメリットはない。
また、「ねむる」&「ねごと」の採用で相手の眠らせてくる技の受け皿にもなる。

ストライク
リトルカップ》に参戦できるポケモンの中でNo.1の物理攻撃力と素早さを持つ。
初代のケンタロス、第四世代以降のガブリアスの強さに近いが、それを遥かに超える存在。
「ひかりのかべ」を使って「だいもんじ」「かみなり」「ふぶき」を耐えられるようにして、
「おうごんのみ」で回復後、「つるぎのまい」→「すてみタックル」で無双展開を狙う。
持ち物は「きせきのみ」ではないので相手からの「でんじは」には注意して立ち回りたい。
なお、「めざめるパワー」のタイプはミラー意識の岩(DCFF)である。

カラカラ
専用装備品の「ふといホネ」によりストライクの物理攻撃力を更に超える火力を持つ。
遅いものの、有利対面になれば、相手のポケモンの受け出しを許さずに倒すことができる。
ちなみに専用技の威力50の「ホネブーメラン」の命中率は90%だが、二回連続攻撃技となり、
威力が2倍(100)の「じしん」と違ってダメージ計算式の定数項+2が2回計算されるため、
「ホネブーメラン」の方がダメージは大きく、ヒトデマンも確実に1ターンキルできる。
なお、「めざめるパワー」のタイプはストライクを一撃で倒せる岩(DCFF)である。
(※「げんしのちから」でも十分だが「ホネブーメラン」&「つるぎのまい」と同時採用できない)
ちなみに「つるぎのまい」は「まるくなる」や「リフレクター」で粘るラッキー対策である。

エレキッド
リトルカップ》に参戦できるポケモンでビリリダマ、ディグダと並び2番目に素早い。
ニンテンドウカップ2000》のエレブー同様、高速フルアタッカーとして活躍させたい。
「かみなり」はストライクを1発で倒せるが「ひかりのかべ」&「おうごんのみ」に注意。
「ひかりのかべ」を積まれる場合への解答としてカラカラに交代なども考えておきたい。
「クロスチョップ」は急所に当たれば、ラッキーを1発で倒せるが「カウンター」に注意。
なお、「めざめるパワー」のタイプはミラー意識の地面(CFFF)を採用している。

ポリゴン
リトルカップ》では大変強力な「きのみ」「きのみジュース」「おうごんのみ」、
そして、カラカラを大幅強化する「ふといホネ」を「どろぼう」して場を荒らす役。
持ち物はかえって持たせないほうが動かしやすく、相手にプレッシャーを与えられる。
ただし、ラッキーの「ラッキーパンチ」は「どろぼう」回避策として使われるので注意。

チョンチー
3大アタッカーのストライク、カラカラ、エレキッドにそれぞれで対面で勝てる刺し役。
しかし、環境の頂点に君臨するラッキーに対しては止まりやすいのがやや難点だろうか。


【!】リトルカップで重要な立ち回り:「きのみ」発動阻止
相手の攻撃を耐えられる回数を引き上げる「きのみ」ですが、
その発動のタイミングが『最大HPの半分未満のとき』なので、
相手を2ターンの攻撃技で倒せるポケモンでも、
相手の最大HPの40%→相手の最大HPの60%といった形で倒せれば、
「きのみ」によるターンの引き伸ばしを阻止することができる。

ゴールド